液浸冷却装置

液浸冷却装置 ICEraQ™

※アメリカGRC社と提携 

冷却液を循環させてCPU、GPU等の熱処理を行うシステムです。
ラック単位の高密度搭載が可能で、
冷却に要する電力コストの大幅削減が可能です。
クラウド、ブロックチェーン、IOT、AI、ML、VRといった
次世代システム開発構築の為の設備です。

カタログ
データ
取扱説明書 寸法図 図面データ
(DXF)

製品特長

強制対流冷却方式
①サーバー(基板上ICチップ発熱)排熱により、温められた冷却液をラック上部より排出
②温められた冷却液を、冷却液ポンプ(循環ポンプ)で汲み上げる
③冷却塔(クーリングタワー)で冷却された水を用いて熱交換
④熱交換により冷やされた冷却液は再びラック内に戻る

画像拡大は【こちら】をクリックしてください。
サーバー構造の簡略化
ファンを取り外すことによるサーバー自体の省電力化や
振動除去、均等冷却により故障率低減効果もございます。

液浸用サーバーへの変更方法は【こちら】をクリックしてください。
限られた場所の有効利用
供給電力・床荷重(1000kg/㎡)・冷却塔の条件さえ整えばあらゆる場所に設置可能です。

PUE-1.02~1.04の実現
99.998%の信頼性(2Nシステム実現可能な冗長性)
各種センサー、診断、レポートによる管理の完全自動化

製品仕様

基本構成 【 冷却塔 】-【 CDU 】-【 液槽ラック52U 】 (1CDUに対し4ラックまで)
構成別冷却能力(目安)  【 冷却塔 】-【 CDU 】-【 液槽ラック52U 】
■100kw/ラック  ■50kw/2ラック  ■25kw/4ラック
ご要望にあわせ個別設計いたします。詳しくはお問合せください。
構成別冷却能力(目安)  【 チラー 】-【 CDU 】-【 液槽ラック52U 】
■200kw/ラック  ■100kw/2ラック  ■50kw/4ラック
ご要望にあわせ個別設計いたします。詳しくはお問合せください。
冷却液 ElectroSafe+

引火点260℃(危険物指定適応外)